Pocket

2泊3日の群馬の旅行でした。w

今月はいろいろとドタバタとしてました。
人生で最初で最後になるかと思って、記事に残しておきたいと思います。

親友の結婚式があり、事前にスピーチお願いできる?という電話があって、かなりテンぱるんだろうな。と思ったけど、親友のスピーチができるなんてなかなかないので頑張ってみました。
かたっ苦しいスピーチは出来ないので、とりあえず、一般常識的なことを最初と最後に話せばいいかな?と思って、前日にネットで調べて、そのスピーチ内容はどのこと話そう?と考えて、箇条書きでいろいろと書いてました。

スピーチ時間はだいたい3分ぐらいという話だったんで、当日、司会者の方とお話して、何分ぐらいですか?って聞きました。ご友人のスピーチは3分前後が多いです。とのことだったので、あーそういうものか。と思って、自分の席へ。

はっきり言って、食事なんでまともにできませんでした。あまりにも緊張していたので、大学の親友にも「顔が死んでるぞ!」との言葉が。
確かに写真撮ってもらったら、顔色がわるい。どうしよう?とりあえず、飲んどけ。ということで、ビールを一杯。

乾杯のお言葉の後にすぐに自分の出番でしたが、伸びて伸びてかなり和やかな感じになってきて、自分のスピーチが始りました。

自分の性格上、かたっ苦しい言葉は話すと声が震えるし、足がガクガクしてしまうので、最初と最後にちゃんと挨拶して、その後、声が震えると聞き苦しいので普段通りのしゃべり方に変えますね。と一言伝えて、本番です。

『はじめの挨拶』:○○くん、△△さん、ならびにご両家、ご親族の皆様、本日はまことにおめでとうございます。+自己紹介
『エピソードなど』:言いたいことを素直に伝えれば宜し。
『終わりの挨拶』:本日はまことにおめでとうございました。簡単ではありますが、・・・。

この基本は外さずに考えられたらと思います。

あんなこと、こんなこと。いろいろ話していたら、時間って速いですね。呼び出されて自分の席に座ったまでの時間、6分10秒。w

長すぎるという話に。w

こんなに話すつもりはなかったんですけど、最終的にはそういう退屈な時間を提供してしまったという始末。

けれど、よくそんなにしゃべれたな。と言われる。
今回、特にノープランではないけれど、新しいスピーチをしてみました。
対話式です。あと+αで突っ込み式ですね。

”おじさん”のことを”おじいちゃん”と言って、突っ込み。。。
”ご結婚”というところを、”お誕生”と言って、突っ込み。。。

新郎新婦に話しかけて、相槌をしてもらって話が進んでいく展開。

スピーチの第一の目的は、友人の立場で新郎新婦を褒めて立てることで、新郎新婦の人柄を相手側の参列者に伝えるということであり、決してウケを狙うというものではありません。

のとおり、今回自分の目標は、

新郎の友人スピーチなので、新郎がどういう人間でどんな性格なのか?こいつのどこがいいのか?を新婦側の皆様に教えてあげること。

しっかり伝わったと思います。
もしスピーチ中に笑いがなかったら、6分間は本当に長いものだと思います。
結果オーライでした。w

最高のスピーチありがとう。って新郎のお父様から固い握手を交わして、涙目になってしまいましたが、嘘でもうれしい言葉でした。

スピーチは最初で最後になると思うので、記念に記事としてアップしました。

本当におめでとうね。次回はよろしく!w

From xxxYukihiroxxx

P.S
3次会まで飲んだくれ。
けど、すごい楽しかった。年一でみんなと会えるようにしたいよね。という話もあがったぐらい。
マイホーム購入という話もあるし、おかしんだよ!という仕事の愚痴話もあるし、時間がたつのがあっという間だった。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください