ホーム > タグ > kernel

kernel

[fedora] Fedora11→Fedora12 ネットワークインストールめも [yum]

Pocket

fedora12

[fedora] Fedora10→Fedora11 インストールめも
[fedora] Fedora9→Fedora10 インストールめも
[fedora8] アップデート記録
【Fedora7】 アップデート記録

上記は過去の記事を見ていただければわかるかと思いますが、今回もメモ書いておきます。

インターネット経由でアップグレードを行いました。

シングルモードで立ち上げ

GRUBがインストールされているマシンで、シングルモードにてシステムを立ち上げる場合、GUIが表示された時点で矢印カーソルで起動するカーネルを選択しeボタンを押します。画面が切り替わるので、kernelから始まる行(通常二行目)をハイライトし、再度eボタンを押します。行の最終部分に1を入力し、Enterを押します。最後にb (boot) ボタンを押せばシングルモードにてシステムが立ち上がります。

# service network start
# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/12/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-12-1.noarch.rpm http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/12/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-12.0.0-4.fc12.noarch.rpm
# yum clean all
# yum -y upgrade

あと、yumでrpmをダウンロード開始できましたが、DL前の依存チェックでfedora11からfedora12にアップグレードを行ったとき、DL前の依存問題が出ていました。

rpmをダウンロードしてから、再起動(reboot)までにかかった時間は1時間43分でした。

あと、今回から補足。

システムをアップグレードした後にすること!
La Thinking Motion. – [fedora] tripwire 再構築メモ。
システム内容が変われば、システム内容を記録しているDBも変わりますので、再度
#tripwire --init
で再構築する必要があります。

・clamavの確認。
これは結構時間かかってしまいましたが、メモです。

システムアップグレードしたら、権限(パーミッション)が変更されていたこと。rootさんになってました。
それにより、clamavの動作がスリープしてしまったという背景。
これはちょっと再構築するのにちと時間が必要でしたが、なんとか今は正常に動作しております。

自分はこれぐらいの問題が発生しましたが、みなさんはどうでしょうか?

お疲れ様でした。m(_ _)m

From xxxYukihiroxxx

P.S
phpのバージョンが5.3.0になってました。
今までエラーメッセージが出ていなかったのですが、結構ちらほらと目につきました。
んーすぐに最新にしてもいいけれど、自宅サーバー運営している立場としては、そのあたりも考慮してやらないといけないと思いましたね。

Pocket

[php] libpng warning: Ignoring attempt to set cHRM RGB triangle with zero area

Pocket

久々にちょっとシステム周りのお話。

libpng warning: Ignoring attempt to set cHRM RGB triangle with zero area

これが頻繁に表示されるようになったので、いろいろ調べてみた結果、ほぉ。という結果に。

このサイトは自宅サーバーにて運営しております。
つまり、すべて自分管理っていうわけで、セキュリティ面も考えないといけないわけで。
もちろん、kernelやphpなどの最新Verを使用しており、常に最新状態を保っているわけですが、たまに今までに見たことがない、errorやwarningなどがあります。

そこで、今回は
libpng warning: Ignoring attempt to set cHRM RGB triangle with zero area
について解決方法を。

まずこのメッセージを見ればわかるのですが、明らかにlibpngからのメッセージであり、yumでもlibpngは最新バージョンがインストールされてますよ。って
返事が来る。けれど、このwarningはまだ意味があった。

libpngを調べると、ここにたどり着く。

#yum install libpng*

このコマンドを入れると、libpng-***まで自動的にインストールしてくれるので、便利。

具体的には、

libpng-1.2.37-1.fc11.i586
libpng10-1.0.43-2.fc11.i586
libpng-devel-1.2.37-1.fc11.i586
libpng-static-1.2.37-1.fc11.i586
libpng10-devel-1.0.43-2.fc11.i586

以上の5アイテムをインストールしてくれます。

それでサーバーの監視をしてみると、warningは発生しませんでした。

あと、libpngもやるなら、念のためにlibjpegもケアしてあげましょう。

#yum install libjpeg*

具体的には、
libjpeg-6b-45.fc11.i586
libjpeg-static-6b-45.fc11.i586
libjpeg-devel-6b-45.fc11.i586
以上の3アイテムをインストールしてくれます。

このlibpngとはPNG形式の画像を処理するライブラリです。
PHPでlibpngライブラリを使うためにはlibpngをあらかじめインストールしておく必要がありますのでご注意を。

今はpng形式での画像表示も可能なので、頻繁に使われていると思いますが、IE6になると、pngを表示させるためのjavascriptが必要になるんです。
なので、なるべくJPG画像とGIF画像でケアしているわけですが、どうしてもpng画像じゃないといけないデザインになるときもありますので、
システムの状態も把握しながらの、コーディングを行うことも必要かと思います。

簡単に調べる方法は、pngファイルを読み込ませるだけ。
あとは、error_logで確認するかどうか?ですけど、Linuxのコマンドが分かる人でないとちょっと厳しいかもしれません。
httpdぐらい知ってる!という方なら大丈夫だと思います。

アクセスログはグラフなどで見てるかと思いますが、意外とエラーログを見る人はいないと思います。
エラーログを見てる人は、プログラマーさんですね。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

Home > Tags > kernel

Search
Feeds

Return to page top