Pocket

えーっと、まだまだ話してない事だらけということで、ブログ書いてます。w

今回、名刺交換させていただいた方とskypeで感想をお聞きしました。
名前は伏せます。ww

y: 第二回は怪しい感じがする。
t: 怪しいですねw
y: とりあえず、ぶっちゃけ話をブログでアップするよ。
t: わかりました
y: やっぱり、温度差があるのは重々感じたわ。
y: その為の駆け込み寺を作るのもアリかと。
t: 作っちゃいますか
y: これはアリだと思うよ。真っ先に俺が駆け込むけどね。w
t: 名古屋限定で?
y: これは限定なしでしょ?
y: flashわかってないですユーザーを支えていくという方向性を見失わなければ、大丈夫なはずだが、質問に答えられないケース(多忙とかこの分野わかってません)とかはどうするか?だな。
t: 個人で運営できますか?
y: Twitterでやり取りしている内容を掲示板風にするだけのはなし。w
y: 個人って言ってもQ&Aにならないと話にならないよ。
y: それがケアできるなら個人でもできると思う。
y: 簡単に言うと、wonderflにもある一番下にあるQ&Aだな。w
t: あーw
y: どこをどうすることで、実現可能なのかどうか?っていうやつ。
y: 案外使われてない機能の一部だが、有意義な情報交換は期待大!
t: ですねー
t: でも逆に誰にも使われなかったら悲しいですね・・・w

y: そそ。w
t: 第2回は一体どうなるんでしょうね
y: いろいろ正直にブログに書いてみます。その反応で解散か、駆け込み寺になるかどうかだね。
y: もしくは、本気でやっていく人を集うか?
t: 本気といっても実力の幅が広いですからねー
y: その差を利用するの。
y: 刺激与えて、自ら勉強する人。
t: 実力ある人と一緒にやって、実力を底上げしてもらえるような勉強会だと嬉しいんですがw
y: 逆に質問されたらちゃんと答える。これだけで、ぜんぜん違うと思うけどね。
t: 本気でなんかやってみたいですね
t: それだとあんまり大人数でやるのは無理ですよね

y: ○○さん、○○さん、○○さんになると思う。w
t: うおおお・・・・w
t: ひよこか***みたいなやつが一匹混ざってる・・・・w

y: ○○さんは3d,flashとのcms化に強い。○○さんはflashの講師でもある。○○さんはas3でおいしい動きが出来る。
y: 今のところ、そう感じてるよ。
t: おいしい動きなんてしたことありませんよ・・・w
y: 自分はまだまだas3は初心者の初心者だから。
y: いやいや、今日生の声聞いたでしょ?○○さんから。
y: あれが世間の感じ方だよ。
t: 過大評価されるとつらいです・・w
y: 評価なしよりはまだ印象が残ってる方がぜんぜんいいと思うよ。
y: webの世界はそんな世界でしょ?
t: みんなに覚えてもらえてるのは嬉しいですw
y: ○○さん、プログラム寄りという言葉は耳が痛かったな。w
y: 実際にあのメンバーだとそうだから。
t: そうですねー・・・ ASガリガリ書いてる方達ばっかりですよねー
y: デザイン絡みで今回○○さんを呼んだんだが、1:1ぐらいにしないとダメな感じしたわ。
y: 来週○○に顔出ししてくるからセミナーの反応もチェックしておくよ。
t: 了解です
t:
○○はどのくらいのレベルなんでしょうかね
y: ○○さんは、特殊だと思う。彼がas3バリバリになったら状況はかわると踏んでるけどね。
t: ○○さんがASバリバリになったら強いと思うw
y: その辺りもリサーチだな。
y: しばらく様子見。
y: そんな感じでとりあえずよろしく!w
t: わからないけどわかりました!w
y: かなりモヤモヤが残ってしまったのはみんな同じはず。ww
t: 俺は○○さんのブログを見てからブログを書きますw
y: www

そんな第一回ミーティングの対談でした。

で、最初のあたりはas3をガリガリ書きたい方は少ないと思いますので、時間があれば、どこかでお茶しながらやっていきましょうか?というお話もあります。

けれど、現状は把握できたので、どうすれば理解してもらえるか?というところに自分は目を向けてます。自分も同じ立場だったので気持ちはわかるんです。w

今もas3に関してはバリバリではないけれど、向上心があれば自ずと勉強して習得できると思うんです。好きだから。で問題ないかと。

けど、あくまで自分の本職を優先するのは当たり前の事であって、趣味程度でいいと思います。時間があればちょっといじってみようかな?ぐらいがちょうどいいかもしれません。

学生の時は遊ぶ事が大切なので。w

社会に出たら簡単には遊べません。

趣味でこんなことをやってみたいとかでも、ぜんぜん問題ないかと思います。時間と場所さえあればフォローできるんじゃないでしょうか?

From xxxYukihiroxxx

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください