Pocket

ここ最近、お見積が厳しくなっていると非常に痛感しています。

安くあげたいのはわかる。
俺もそうしたい。
けど、そこでその提示された価格でやれば、相手はVictor。俺はDefeatになってしまうのか?と考えることもしばしば。
そのあと、他の案件につながれば、いいのだが、そう簡単には次の案件とくるのは難しいところです。

その考えがちょっとまずいんで、方向性も考えていかないといけないのかな?と思ってます。
前向きに検討すると・・・

最初は安くてもいい。しかし、次回からは通常の見合った金額で交渉する。
それがいいかもしれないが、他のSOHOさんも同じ感じがするので、次から次へと点々とするのかもしれない。

結局はお金?

と考えてしまうが、会社やってるならば、収入、支出のことも考えなければいけないのは当たり前。
赤字でやってるんです。と言われ、TOPページのデザイン案+Flash2点を入れて7000円はあり得ない金額。
今までのお客様にもらっているクオリティを保持して制作することは可能だが、そんな安く提供はできない、というポリシーなのかな?

結局、お断りしましたが、一番の理想は
提示したお見積で納得いくまで話し合って、双方了承のうえで発注して、納期までしっかり作業して、めでたく納品。
これが一番時間もロスもない、簡潔なお仕事。

今まで自分の考えというのはあまりブログなどには公開はしていなかったですけど、
これこれこういうことでこれだけ作業する内容がありますので、このお見積もりに致しました。
とやってます。

他の方は、サンプルを数日以内に完成し、それを提示しているという方もいるとか。

交渉が下手なのかもしれません。
いや、自分が折れれば、案件は獲得できたのですから。

会社>SOHO
立場もありますが、プロとしての土俵は同じなので、会社もSOHOも同等に考えています。

まぁ自分もこの先、ずぅーっとフリーランスでやっていくつもりはないので、いいお話があれば東京やら名古屋やら大阪に顔を出しているわけですが
ちょっとしたことが思い浮かびました。

どこで働く」かではなく、「誰と働くか」なんですよ。

そう。気づいたんです。
一流の会社に入社しました!やったぁ!内定だ!って思ってもいいのですが、それは会社を選んでるだけの話。
自分が言いたいのは、その会社で働いている人はどんな人なのか?そして、今後一緒に働いていく上で、どのポジションになる人なのか?
それとも、自分が先頭を突っ走っていくのかどうか?いろいろとタイプはあると思いますが、面談時によく聞きます。
逆に会社はHPを見ればおおよそどんなことをやっているのかはわかるので、面談になった場合は、会社の内部を聞いています。
そうしないと、自分が役に立つのか?補助できるのか?緊急時対応できるのか?などと考えてたりするんです。

まぁWeb制作会社で大きな案件を受けているところはおおよそわかりますが、そこにはスペシャリストもいますので
自分としては、今後、スペシャリストの集団の一員になっていられるようなところがいいかもしれません。
素人がスペシャリストになれるか?というと、なれます。
必死に勉強して、アンテナ広げて情報収集、自然とあれ?できちゃってるかも?って気がつく時があると思います。
その必死に勉強して、アンテナ広げて情報収集、自然とあれ?できちゃってるかも?って気がつく時が共有できるのが最高だと思います。

まぁ簡単にいえば、人柄なのかもしれません。
今までいろいろな人とお話してきましたが、魅力的な人はいっぱいいました。
その人たちが集まった場合、どうなるか?

想像できません。w

今はフリーランスなので、なんとかやってますが、ラブコールがあればぜひ深いお話してみたいものです。

なぜフリーになったのか?
それは、0から学びたかったから。(お金ないんですべて独学でここまで来ました)

(使える情報はインターネットと図書館の書籍、毎月発売されるクリエイター向けの雑誌、専門分野になれば、まぁ自分で購入することもありますよ)

【今の自分の経歴】
半導体の設計開発→Webシステムエンジニア→Flashオーサリング→コーディング&マークアップ→Webデザイナー

システムエンジニア上がりのデザイナー。
異色ですが、結構いい感じでここまでやってきております。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

1 のコメント

  1. ピンバック: La Thinking Motion. - [blog] Japan Blog Award 2009 最終選考投票完了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください