Pocket

今回のRT騒動。

つぶやかれるまで、59時間20分08秒でした。

この詳細な内容は伏せておきますが、最初はメールで連絡が来るかと思っていました。しかし、Twitterからのつぶやきからも始まったこともあり、どう流れているのか?どういう連鎖で広がるか?というのを見てみました。(すべてのログを追って、まとめさせていただきました。)

これを見てぞっとしたのが、いわゆる”ねずみ講”の部類になるという統計。

・まずタネを蒔いておきました。
・そのタネが葉をなり、その葉を見て、つぶやく。

単純にこれだけです。

このタネをどこにどう蒔くのか?
ここが一番のネックで。
これを失敗すると、つぶやきなんて存在しないからです。

逆に言うと、Twitterを利用したビジネスモデルもありますが、ここにも今回のポイントが有効になります。
自分から発信するのではなく、赤の他人がつぶやきしたくなるようにさせるのです。

Webコンテンツやサービスもそうです。自分のケースとはまた違いますが、マーケティングを何所で行うべきかが重要になってきます。

それが、順手と逆手の法則。

Twitterの可能性って改めてスゴイことがわかったと同時に、でたらめな情報をつぶやいて混乱させるつぶやきもあるはずです。
利用者はまずRTすべきかどうかを判断して下さい。
あなたのインターネット上の情報は誰かが見ています。
そしてどこかで繋がります。

ヒントだけ書いておきます。

1) Twitter利用者
2) 頻繁につぶやかれている方。
3) Web関係に携わっている方
4) デザインの登竜門といえば?
5) どうして同業者?

これで成立します。

これだけでも十分なのですが、これもつぶやいてくれるか試験的にやってみました。

・あえてホームページにTwitterのリンクを張ったこと。
・コメントをソースに残しておくこと。
・1ページぐらいinvalidを残す。

これだけでもつぶやきしたくなるような内容を書いておくこと。

その結果、あのページになったわけです。
他のページもありますが、なぜあのURLでつぶやかれたのか?考えてみてください。

これにより、時間系列では示しませんが、つぶやきされた回数がそれ関係で107回POSTされておりました。

でたらめな記事や内容をつぶやくのはいいのですが、それを本当にRTしていいのかどうかも利用している方が判断する必要があります。

RTはしない方がいいと思ったつぶやきに関しては、自分の中でとどめておく。
RTしてみんなに知ってもらいたい。有意義な情報だ。というものはコメント付きでRTするのもよし。コメントなしでもよし。

あるつぶやきを見て気分を害するようなつぶやきが以前にありました。
それはつぶやいてもいいけど、インターネット上に流すべき情報じゃないだろ?というような内容です。

目の錯覚でしょ?とか、色は微妙に変えてる。劣化している、コードまでご覧になられた方もいらっしゃいました。ドロボーですよね?デザイン料払っていただけませんか?などのご意見ではなく、つぶやきでここまで広がるのはTwitterの良いところでもあり、悪い所でもあります。

ひとりのつぶやきからあり得ない速さで情報が広がるという結果です。

これで分かったことは、少なからず、どこかでつながっていることです。
誰かが見ています。そして、その情報を分析している人もいます。
ただのつぶやきだけではないということもわかりましたし、逆にこわいものでもあるとわかりました。

けれど、この結果でどれだけTwitterは便利なものであり、危険なものであるのかもわかっていただけるかと思います。
この知り得た情報をなんとかして今回RTされた方々に知らせてあげたいという気持ちがあるので、このような記事をアップ致しました。

今回は本当にご迷惑をおかけしまして大変申し訳ございませんでした。

あと、自分のTwitterは情報収集のために利用させていただいておりますが、ショートURLはどこに飛ぶかがわからない。というのがあります。
だから、躊躇してしまう点があるのですが、皆様はどうでしょうか??
140文字に納めないといけないので、ショートにする必要性はあるのですが、クリックされるのかどうか?です。。。

From xxxYukihiroxxx

P.S1
今回、解析した結果などで知り得た情報は伏せておきます。

P.S2
信頼されなくなったら、信頼されるように努力すればいいんです。0からの出発で、時間はかかりますが。。。

P.S3
なぜTwitterのシンボルは鳥なのかわかりますか?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください