ホーム > タグ > Fireworks

Fireworks

[Fw] 内部エラーでpngファイルが開けなくなった時のTips

Pocket

今まで特に意識していなかったのですが、こんなエラーが出てしまいどうしたものか?と調べてたところに
こんな情報がありました。

Design Dock -デザインドック- » Blog Archive » 内部エラーでpngファイルが開けなくなった時のTips

Fireworks CS3で起きる内部エラーでpngファイルが開けないという、痛すぎるバグがあります。
これには一定の法則があって、Photoshopで作成した「ライブエフェクト付きのpsdファイル」を、Firewoks CS3で開きpngで別名保存>一度閉じます。このpngファイルを開こうとすると内部エラーで開けないという・・・。
ちなみにpngで保存せずに、psdで保存すれば大丈夫です!

adobeのサポートページでは、 「そんな時は、photoshopや他の画像ソフトで開いてください。でもレイヤーは統合されちゃうけどね。」としか書いてありません。
デザイナーからすれば、「レイヤーが統合されちゃったら意味ないんだよぅ~っ!!」ですよね。

内部エラーのpngファイルを開く方法
そんな時には、バージョンがひとつ前のFireworks8で対処しましょう。
バージョン8でなら該当pngが開けます。
開いたら各レイヤーに適用されている”photoshopライブエフェクト”を削除、もしくは選択範囲の統合でビットマップ化してください。非表示のものも同様です。
ライブエフェクトの中でも、ドロップシャドウやベベルが適用されていると開けない率が高く、境界線やオーバーレイ関係は開けることが多いようです。

psdファイルとpngファイルが混在しているときは、よく起こりがちなので、pngとpsd両方の形式で保存する等、気をつけましょう。
そして、Fireworks8は削除しないようにしましょう!
私は締切り日にこのバグにあい、pngでしか保存していなかったので、そりゃもう慌てましたよ・・・。

【追加】
FireworksでPhotoshopフィルターを駆逐するツール「PhotoshopFilterManager」という便利な機能拡張があるようです。

Fireworks8無い人はどうするの?っていう疑問です。
辛うじてFireworks8あったので助かりましたが、
互換性もしっかりサポートしなきゃあかんでしょ?と思った今日この頃。

あと、Flash絡みでもIllustratorとPhotoshopでまた変わるんですよね。

そのあたりまとめているサイトがあればいいんですけど、ちょっと探してみます。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

Home > Tags > Fireworks

Search
Feeds

Return to page top