Home > Archives > 2007-09

2007-09

ZIPPOが欲しい。。。

  • 2007-09-27 (木)
  • Diary
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

こんな時間だけど、気にしないで下さい。^^;

というのは、自分はマルボーロメンソールライトを好んでる喫煙家なのですがローソン限定で、今いろいろとキャンペーンをやっているのである。

そのキャンペーンに、ローソンでしか手に入らないジッポが続々と登場しているのである。

まぁ3箱買えば、その幻のZippoが手に入るカード?チャンスカード?が入っていて今日までに2枚、めくったが、どちらも”残念”の一言。

当たっていれば、そこにシリアルNoが書き込まれているのだが、なかなか世の中うまくはいかない。

そぉー簡単には当たらないんですよね。

しかも、500個限定だったかな?

そのZippoのシンプルなデザインがどうしても気になってしまい、
「あー、Zippoでタバコの火をつけたらうまいんだろうなぁ?」
なんて思ってました。

で、今までにZippoというのは手にしたことがありません。

自分で購入したこともありません。

これを機に。と思い、いろいろとサイトをめぐってシンプルでかつ、誰も使ってないようなデザインのZippoを探してました。

こんな時間まで。ww

で、ありました。

これも欲しい、あれも欲しい状態です。

けど、銀メッキとかで加工されているのは、数万いくんですね。驚きました。

まぁそこまでいいのを使うのは将来?だと思うので、とりあえずは、数千円程度のZippoをチョイス。

オークションにも参加して、見事落札。

結局、今時点で、Zippoは合計、4つになってしまいました。

買い過ぎですよね?

衝動買いってやつです。

大人買いではありません。w

というのは、コレクターってわけでもないんですけど、かわいい。とか、これ気に入ったとか

そんなのばっかりです。

実際に使おうかな?と思ってるのは一つだけ。

で、プレゼント用に1つ購入。って感じですね。

近場でZippoに文字を入れてくれるところでもあれば、親友にプレゼントとして渡してあげれるけどまだそこまでは調べてないからなぁ。。。

(;゚д゚)ァ….

再来月に結婚式を挙げる親友がいました。
けど、禁煙者だ。。。

まぁ、いずれプレゼントすることになるでしょう。あのZippoは。

で、ここで質問なんですけど、スペクトラム仕様のZippoってイケテルンデスカ?

スペクトラム=【物】スペクトル; 残像; (波動の)範囲; (変動する)範囲

表面は新蒸着メッキ加工を施した斬新な美しい虹色で、注目のシリ-ズ。

って大きく書いてあるんですけど。。。

俺もこっそり、これ購入したんですけどね。^^

Spiral Heart

Pocket

htmlやPHPなどのソースをBlogに表示する方法。

  • 2007-09-25 (火)
  • System
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

先日、ソースの書き方で試行錯誤してました。

””を使えば、表示されるとのことだったので、試してみたところ、ダメでした。

なので、いろいろと検索してたどり着いたところが、このサイトです。

VIVABlogです。

そこには、

  <>をそのまま入力するとコードとして認識されるので、 < を &lt; に、> を &gt; にそれぞれ書き換えなければいけません。

基本的にhtmlコードなどをブログなどに記載する場合は、<pre></pre>タグを使うようになっています。

ということで、わざわざ、< を &lt; に、> を &gt; にそれぞれ書き換えなければいけなかったのですが、

すばらしいプラグインを発見しましたので、ご紹介を。

Chameleon Cyberです。

公式HPもこちらになります。

自分は”DeCoder Ver.1.0.0”をインストールしました。

インストール手順は書いてありますが、

1.decoder_1.0.0.zipをダウンロードして解凍します。
2.得られた「decoder.php」をpluginsディレクトリにアップロードします。
3.さらに、以下の部分を/wordpress/wp-includes/quicktags.jsにコピーします。(同じ内容のファイルがadd_quicktags.txtとして同梱されています。)

これにて、管理画面のクイックタグに「decode」ボタンが出現します。

オリジナルのquicktags.jsはリネームして保存しておくことをお薦めします。

4.管理画面でDEcoderプラグインを有効化します。
5.デコードしたい文字列を選択し「Decode」ボタンをクリック。
6.選択した文字列は、[dec]選択文字列[/dec]で囲われます。見た目はただそれだけ・・・。

アップロードされたアーティクル上では、この部分がデコードされています。これで編集画面の可読性がかなりよくなると思います。

もちろんこのタグは手で直接打ち込んでもOKです。

という優れもの。

早速自分も使わせていただいております。

これはシステムエンジニア&プログラマには最高のプラグインですね。

感謝です。○┓ペコ

Pocket

”phpMyVisites”一番下のアイコンは何?

  • 2007-09-24 (月)
  • System
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

wordpressの表示(スキンですね)をいろいろとこのサイトWordPress theme directoryで探しておりまして

気に入ったスキンをインストールしました。

その気に入ったスキンには、一番下に”phpMyVisites”っていうアイコンが出てるんですよ。
で、ソースを追ってみたところ、自動的にそのスキンを作った人のサーバー?に飛んでて、
どこのどいつが、どのURLで使ってるんやろ?っていうのを集計したいが為に組み込まれていました。

で、これを知ったのが、WPをインストールして二日目に気が付いたので

そのソースを抜こうと思ったら、なかなか抜けない。

いろいろと組み込んでるみたいで、簡単に抜けないなら、違うスキンでも使おうかな?と思って
今、このスキンにしています。

で、話が反れましたが、

phpMyVisites

の件ですけど、これがすごい!

これもJavascriptが走るんですけど、アクセスした人のすべての情報がわかってしまうという優れもの。

方式HPはこちらです。

オープンソースのアクセス解析スクリプト(PHP+MySQL)。

なんと日本語にも対応していて、なかなか高機能なレポートを出力可能みたいです。
デモを使ってみれば、どういうことが出来るか分かると思います。

それが、こちらです。

早速俺もこれを取り入れました。

で、インストール手順です。

1.こちらからLatest Beta ReleaseかLatest Stable Releaseのどちらかを選びます。

2.ダウンロードしたファイル(ZIPファイル)を解凍して、Documentrootにアップデートします。
#その時、アップデートする時、権限をすべて与えて下さい。つまり、パーミッションを777にすれば問題ありません。

3.自分のURLにアクセスしてください。

4.初期設定する画面が表示されますので、その指示にそって設定を行って下さい。

その前に、MySQLのDBを作成しておく必要があります。

ご自由にDB名を決めて作成して下さい。

5.ウィザードが完了したところで、phpMyVisitesにアクセスできるようになります。

あと、集計したいHPには、指示されたスクリプトを組み込んでください。
そうすれば、そのページにアクセスした人の情報が自動的に追加されるようになります。

Pocket

WordPress で画像をオシャレに表示する: Lightbox 2

Pocket

どこのWPを使ってる人は、画像をクリックすると、Javascriptが走って、画面の中央にその画像が浮き出てくる。

これはいったい・・・。

と思い、Googleで探しましたよ。

Keywordは

”wordpress 画像 表示”

で、検索したら、Hitしましたよ。

WordPress で画像をオシャレに表示するプラグイン “Lightbox 2” を導入する手順メモ。

ですよ。

世間的には既に定番になっているようですが、同じページ上で画像をリサイズして表示するプラグインです。
導入は有効化するだけなので非常に簡単です!!
公式HPはこちら

プラグインのインストール方法は

1.公式HPらの配布サイトからプラグイン本体をダウンロードして解凍する。
2.記事の最下部?にある「Download Lightbox 2 WordPress Plugin (1.7)」 をクリック。
3.解凍したファイルをサーバーにアップロードする。 WordPressフォルダ/wp-content/plugins/にアップロード。
ここで注意!
ZIPファイルを解凍すると、”lightbox-2-wordpress-plugin”フォルダが作成されますが
このフォルダをpluginsディレクトリにフォルダごとアップロードするのはNGです。
あくまで、”lightbox-2-wordpress-plugin”フォルダに入っている、lightboxフォルダとlightbox2.phpファイルだけをアップロードしてください。

4.Lightbox 2 を有効化する。 管理画面>プラグイン>Lightbox 2 を有効化。

これで設置完了です。

あと、これを使ってて、気になったのが

WordPressの仕様なのか?まぁBlog本来の仕様だと思うが、写真をサーバーにUpする必要がある。

で、ちゃんと名前も決める必要がある。

まぁこれが面倒だったら写真なんてUpするな!ってことになるんですけど、まぁそれはそれで。^^;

で、通常(デフォルト)設定では、写真などのアップロードされる場所は

”WordPressフォルダ/wp-content/uploads/ディレクトリ”

なんですけど、

自分は、管理画面の各種設定で、”その他の設定”ということろで、”ファイルアップロードに関する設定”という項目があります。

そこを自分なりに管理しやすいようにカスタマイズしました。

あと、

<a href=”img1.jpg” rel=”lightbox[roadtrip]”>thumbnail1</a>

って書く必要があります。

お忘れなく。^^

Pocket

”AutoExternalLink”設定について・・・。

Pocket

これはすばらしいプラグインです!WordPress Japanのプラグインのところをざぁ~っと

見てたんですけど、これがめっちゃ気になって、プラグインということなので、早速ダウンロードしました。

ということで、インストールしたのは

AutoExternalLink

です。

Numb.に行くと

”リンクに、新しいウィンドウで開くためのアイコンを自動で追加(Wpプラグイン)”

という画面になるかと思います。

で、詳しい設定項目等は書いてありますので、よく読んでみて下さい。

ちなみに、自分で設定(修正)したところは、

AutoExternalLink.js ファイルの

18行目:
var checkArea = ”;
  ↓
var checkArea = ‘content’;

19行目:
var exclusionStr = new Array(’BlogURL’,’example.com’,’javascript’);
  ↓
var exclusionStr = new Array(’www.pure-hearts.mydns.jp’,’example.com’,’javascript’);

20行目:
追加するテキストや HTML の設定。
BlogURL に自分のサイトの URL を記入。

例.) 自分の場合なら
「http://www.pure-hearts.mydns.jp/wordpress/」が私のブログURLなので、
BlogURL と書いてあった場所に「www.pure-hearts.mydns.jp/wordpress/」と書きます。
個人個人のブログのURLに合わせてください。

画像を変更したい、等があればこの部分を変更。

例.) リンクを画像ではなく、テキストで追加したい場合

var anchorObject = ‘新しいウィンドウで開きます’

に変更しただけ。

これで俺のイメージどおりの設定が出来ました♪^^

しっかし、いいプラグインだな。これは。^^

Pocket

Home > Archives > 2007-09

Search
Feeds

Return to page top