Home > Archives > 2007-11

2007-11

タブレット必要になるか?!

  • 2007-11-28 (水)
  • Diary
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

イラストレーター
フォトショップ
etc…

画像加工?ソフト。加工ではないな。自分が書いた作品になるのだから。
まぁ、モザイク入れたりすることも可能だから加工ソフトともいうのだろうか?
現在、自分のPCはNoteであって、しかもマウスを使ってないんです。
キーボードの下・中央にある、タッチパットでの作業なのです。
これが結構今回の案件で辛いことが判明しました。w

USBのマウスも便利だけど、この際、タブレット購入で、ペンとマウス、両刀使いになるのかどうか・・・。

タブレットを検索してみると、やっぱりイラレ使う人向きのやつは結構値段が高い。

今まで、2~3000円で買えるんちゃうん?と思っていたが、甘く見てました。

今後のことを考えて、買うべきかもしれない。

あと、ソフトも最新版にしないとあかんのかやぁ?

(;゚д゚)ァ….

ノートで512Mのメモリ。

スペック的に低いかも?!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[Flash] 1枚の静止画像から・・・。

  • 2007-11-25 (日)
  • Flash
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

アニメーションを考えようとすると、かなり時間がかかってしまう。
GIFアニメーションみたいにFlash上で動作を付けたい。

それをするには、やはり静止画像からアニメーションしたいところだけを自分で加工して使用しなければいけないのであ~る。

んー時間がかかってしまうことはわかってるんだけど、
これも静止画像に命を与えるって感じなんですけど、みんなそうやってるのかなぁ?

専属デザイナーさんに頼めば、一連の動作の静止画像(イラストで十分)を作ってくれるんだろうけど・・・

俺にはいないから。。・゚・(ノд`)・゚・。

頑張ります。

Pocket

[Flash] 1pxの世界・・・。

  • 2007-11-20 (火)
  • Flash
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

0,1の世界は数年前に十分体験して、いい勉強になったがこれからは1pxの世界になろうとしている。

1pxでもずれていたら、動きがおかしいのである。

神経質になるわ。これは。。。

確実に。

徹底的に追求したいから、初歩の勉強ということで、毎日一つずつ課題をこなしていこうかと思った今日この頃。

Pocket

[Flash] 久々にパブリシュしたが・・・

  • 2007-11-19 (月)
  • Flash
  • 作成者:xxxYukihiroxxx
Pocket

俺が持っているのは、Macromedia Flash MX 2004なんですけど今は、なんかCS2とか出てるんですね。。。

まだまだMXで十分だと思ってるオイラは、Flashクリエイターなんて到底無理な世界なのでしょうか?と

自問自答してしまった。

そんなに変わってないと思うけど、機能的に向上してるんだろうなぁ。。。

んー

契約交わしてから、買うかどうかは考えよう。

Pocket

[wordpress] タイムスタンプ 予約投稿・未来投稿の注意点 [自宅サーバー]

Pocket

これは公開しなければ!

と思い、頑張って書こうかと思います。

zontheworldさんの記事をまずお読み下さい。

その中に

未来投稿が繁栄されない原因はソケット接続オープン時のタイムアウトでした。

  /wp-includes/cron.php の 87行目(Ver 2.1.3)の fsockopen タイムアウトが 0.01 に設定されていて、$errstr に Connection timed out を返していました。タイムアウト時間を長めにとれば大丈夫かと思います。

とあります。

$argyle = @ fsockopen( $parts[’host’], $_SERVER[’SERVER_PORT’], $errno, $errstr, 0.01 );

で、まず俺がハテナになったのが、fsockopenってなんぞや?

っていうこと。

引用先はこちら

fsockopen

  (PHP 3, PHP 4, PHP 5)fsockopen — インターネットもしくはUNIXドメインのソケット接続をオープンする

うん。ソケット接続するのね。

で、

説明

  resource fsockopen ( string target [, int port [, int &errno [, string &errstr [, float timeout]]]] )

ふむふむ。

で、実際に以下のプログラムを走らせて見た。

例 1. fsockopen()の例

< ?php

  $fp = fsockopen(“自分の自宅サーバーのURL”, 80, $errno, $errstr, 30);

  if (!$fp) {
      echo “$errstr ($errno)<br />n”;
  } else {
      $out = “GET / HTTP/1.1rn”;
      $out .= “Host: 自分の自宅サーバーのURLrn”;
      $out .= “Connection: Closernrn”;
    fwrite($fp, $out);
      while (!feof($fp)) {
          echo fgets($fp, 128);
      }
      fclose($fp);
  }

  ?>  

これをやったら、面白い結果になった。

Connection refused (111)

とエラーメッセージが表示されたのです。

で、このエラーは何を意味するのか?と調べたところ、

引用先はこちら

エラー 111 は “Connection refused” です。接続しようとしているサーバマシンには到達しますが、指定したサーバがありません。ホスト名とディスプレイ番号を正しく使っているか確認してください。 Xlib: connection to “:0.0″ refused by server

  Xlib: Client is not authorized to connect to Server
  xterm Xt error: Can’t open display: love.dial.xs4all.nl:0.0

クライアントはサーバに接続を作れましたが、サーバは (認証されていない) クライアントがディスプレイを使うことを許しません。正しいマジッククッキーをクライアントに転送し、その期限が切れていないか (新しいセッションを開始する時、サーバは新しいクッキーを使います) 確認してください。

という内容でした。

つまり、自分の自宅サーバーのURLがオープンされないという事実が判明しました。

これはマズイ。ということになり、いろいろと試してみました。
#いろいろって言っても2通りだけですけど。。。

URLを
  1)Yahoo!にしてみる。
  2)IPアドレスにしてみる。

#ここで言っているURLというのは、fsockopen(“自分の自宅サーバーのURL”, 80, $errno, $errstr, 30);の自分の自宅サーバーのURLのことです。

1)Yahoo!の場合、ちゃんとオープンしました。問題なし。
2)IPアドレスの場合、自宅サーバーということで、公開しているIPアドレスを入力。

しかし、自分のプロバイダは固定IPアドレスではないので、どうする?という問題になったが、実際に公開しているローカルのIPアドレス、つまり、192.168.***.***のIPアドレスを入れる。

そしたら、ちゃんとオープンされました。

つまり、自分の場合は、mydns.jpを使用しているのですが、自分自身をmydns.jpの名前を持っていることを教えていないので
自分自身なのに、気が付いていなかったのです。

まぁ自分自身のことだよ。とhostsとかに書いてあげれば別の話になりますが、(hostsに書いてもダメかも?!)

レジストラーに行って、アドレス先のIPにたどり着いた先がどこになるのか?という問題です。

よって、IPアドレスをローカルアドレスに指定して下さい。ということです。

で、wordpressの/wp-includes/cron.php の 95行目(Ver 2.2.3)の fsockopen のところに

$argyle = @ fsockopen( “192.168.***.***”, $_SERVER[’SERVER_PORT’], $errno, $errstr, 0.01 );

を書きましょう。

もちろん、ローカルIPアドレスが変更した場合は、ちゃんと変更してあげてください。

それで、実際に、未来投稿・予約投稿を試したところ、問題なくちゃんと時間通りに投稿されました。

どうなんでしょう?

自宅サーバーで立ち上げているかたも多いのではないでしょうか?
自分みたいにつまずいている方もいるかと思い、ここが参考になったら幸いでございます。

P.S
$argyle = @ fsockopen( “192.168.***.***”, $_SERVER[’SERVER_PORT’], $errno, $errstr, 0.01 );
の0.01っていうのは、タイムアウト時間。長くすれば長くするほど待ってくれます。

”「応答してくださいっ!」って言って待ってる状態。その待ってる状態をどれぐらい待つか?それが、タイムアウト時間”
って認識しています。

まぁ例にもあるけれど、0.01もあれば、30もあります。どの値が適切なのかは、ちょっと自分で調べてみて下さい。m(_ _)m

ローカルIPアドレスにすれば、タイムアウト時間を”0.01”に設定しても問題なく動きました。

Pocket

Home > Archives > 2007-11

Search
Feeds

Return to page top