Pocket

RTEmagicC_downloadbutton_jpg

MAXON – The makers of CINEMA 4D and BodyPaint 3D

Windwos7のレポート第一弾です!第2弾はCrystalDiskMarkの結果を。第3弾はPassMark(TM) PerformanceTest 7.0の結果を書きたいかと思います。

時間がないので、かなり簡単になってしまいましたが、CINEBENCH R10の結果です。
こういうの初めてなので、どう表現したらいいのかがわかんないですけど、参考になれば幸いです。

使用パソコンは
DELLinspiron530です。
カスタムはメモリだけ2Gから4Gにアップしました。が、1G壊れていることが判明。。。^^;

CPU Manufacturer: GenuineIntel
Number of CPU: 1
Cores per CPU: 2
CPU Type: Intel Core2 Duo E8500 @ 3.16GHz
CPU Speed: 3162.4 MHz
Cache size: 6144KB
O/S: Windows Vista (32-bit)
Total RAM: 3325.3 MB.
Available RAM: 2195.3 MB.
Video settings: 1920x1200x32
Video driver:
DESCRIPTION: NVIDIA GeForce 8600 GT
MANUFACTURER: NVIDIA
BIOS: Version 60.84.51.0.17
DATE: 9-17-2007
Drive Letter: C
Total Disk Space: 455.7 GBytes
Cluster Size: 4.0 KBytes
File system: NTFS

Tester : xxxYukihiroxxx
Processor : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8500
MHz : 3.16GHz
Number of CPUs : 2
Operating System : WINDOWS 32 BIT 6.0.6002, WINDOWS 32 BIT 6.1.7600, WINDOWS 64 BIT 6.1.7600

Graphics Card : GeForce 8600 GT/PCI/SSE2
Resolution : fill this out
Color Depth : fill this out

win vista home premium 32bit
win7 professional 32bit
win7 professional 64bit

まず完全にHDDを初期化をした状態で、他のアプリケーションも入ってない状態。
1) win vista
2) win vistaからwin7の32bit
3) win vistaからwin7の64bit
と、付録で、
4) 仕事用で使っている状態でのwin vistaからwin7の64bit

の4パターンで実施しています。

で、以下の通り。

ちなみに、win7_64bit_2ndというのは、3) win vistaからwin7の64bit のことで、初期化した状態で新規インストール(カスタム)を行った状態です。

グラフにはwin7_64bitとwin7_64bit_2ndの二つありますが、win7_64bit_2ndの方が正しい結果になります。

single_cpu

Rendering (Single CPU)の場合、今まで使用していたvista 32bitが、win7 pro 32bitよりも性能的に上になってしまったことが判明。
しかし、win7 64bitの場合は、ダントツにスコアが伸びていることがわかる。113.7%のアップでした。

multiple_cpu

Rendering (Multiple CPU)の場合も同様、今まで使用していたvista 32bitよりも、win7 64bitが115.1%のアップでした。

speedup

Multiprocessor Speedupの場合、明らかにwin7の方が機能性能が向上していることがわかる。
まぁ微々たるもんですが、102.7%のアップでした。

shading

Shading (OpenGL Standard)の場合、これはちょっと目を疑った。

まずShadingって何?ということから。

シェーディングとは 【shading】 – 意味-解説-説明-定義 : IT用語辞典

シェーディングとは、3次元グラフィックスにおいて、光源とモデル(物体)の形状などをもとに、モデルに陰影をつけること。場所ごとに明るさの違いを設けることで、モデルの立体感が増す。正確に陰影をつけるには膨大な計算が必要となるため、計算を簡略化した技法が多く存在している。

win7にしたとたん、かなりスコアが下がった。というか、グラフィックカードがwin7には対応していないのかもしれない。
そういうことってある???
ちょっとわかんないけれど、32bitと64bitとの違いだったら、わかるが、OSで異なるということになると、デグレードしてしまったのか、デバイスの原因なのか?

このスコアは本当に意味がわからなかった。

2009年10月27日追加情報
致命的なミスを犯しておりました。
win7に新規インストール(カスタム)を行ったわけですが、肝心な最新のデバイスドライバを入れていなかったという。。。
だから、vista 32bitと比べ、完全にスコアが低かったわけです。
逆にいうと、デバイスが対応していない場合、完全にスコアが低いので、まずは最新のデバイスが入っているかどうか?を調べてみてはどうでしょうか?
自分はこれを使いました。

RadarSync
DriverScanner
Device Doctor

以上の3種類のフリーソフトです。
一番使いやすかったのは、Device Doctorでした。

なぜに3つも使ったのかというと、比べたかったから。それだけです。w

詳細には調べていませんが、win7 64bitで再測定した結果
Shading(Open GL Standard)では、4987 CB-GFX となりました。

vista 32bitと比べ、115%のアップになりました。

今後は気を付けないといけないことなので、勉強になりました。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

1 のコメント

  1. どうしてもおかしいスコアだったので、見直してみたところ、GeForce 8600 GTのデバイスドライバが最新ではなかったことが判明。
    それで、再度ベンチマークした結果がこちらです。。。

    CINEBENCH R10
    ****************************************************

    Tester : xxxYukihiroxxx

    Processor : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU E8500 @ 3.16GHz
    MHz : 3.16GHz
    Number of CPUs : 2
    Operating System : WINDOWS 64 BIT 6.1.7600

    Graphics Card : GeForce 8600 GT/PCI/SSE2
    Resolution :
    Color Depth :

    ****************************************************

    Rendering (Single CPU): 3808 CB-CPU
    Rendering (Multiple CPU): 7387 CB-CPU

    Multiprocessor Speedup: 1.94

    Shading (OpenGL Standard) : 4987 CB-GFX

    ****************************************************

    win7 64bitが一番いいスコアを弾きだしました。
    これで一安心です。w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください