ホーム > タグ > Memo

Memo

[android] Skype for Android がインストールできない人へ [skype]

Pocket

ねむい!
けど、これは上げないと!というわけで、PC立ち上げて。。。

タイトルの通り、自分もその一人だったので、急いで記事をアップ。
android初心者にはあるケースかもしれませんが、実体験なので、記事にしますね!

Xperia acroでandroidマーケットに接続したにも関わらず、このエラーメッセージ。
リクエストされたアイテムは見つかりません
と表示されて、インストールが出来ないあなた!

自分もこれにどうしようもなかったのですが、設定箇所がありました。

androidマーケットを立ち上げてください。
その中に検索やマイアプリ、設定、ヘルプというメニュー項目があるかと思います。
(acroの場合、右下のボタン(Menuキー)を押すことで表示されます)

この設定を見てみると、コンテンツフィルタリングというのがあります。

今までのアプリをインストールしていたときは特に気にはしていなかったのですがskype for androidにはフィルタリングがかけられていました。

skype for android にはアプリケーションコンテンツのレーティングが
全員・少年向け・青年向け・成人向け・すべてのアプリを表示の5段階で設定ができるのですが
「全員・少年向け」にすると、
リクエストされたアイテムは見つかりません
のメッセージが表示されます。

つまり、レーティングの設定を青年向け以上に設定することが必須になります。

ここを設定して、検索BOXにskypeと入力すれば、一覧に表示されると思います。

自分もやっとインストールしたんで、音質とか比較したいと思います。

これはやられた感満載ですね。うん。やられた。

P.S.
”すべてのアプリを表示”って設定しているにもかかわらず、戻ってみてみると、”成人向け”になってるんだな。
これってなに?

Pocket

[mac] android開発環境を構築したメモ [eclipse]

Pocket

前回の続きです。

eclipseのインストールから日本語環境を設定した後、Android開発環境を構築した時のメモを書こうかと。
長いです。はい。画面のキャプチャーを入れるともっと長くなるので、すべてテキストで書き出しました。w
※画面構造が今後変わると困っちゃうので。という言い訳をしておきます。

android SDK のダウンロード

1) Android SDKから、
Platform : Mac OS X (intel) の “android-sdk_r12-mac_x86.zip” をダウンロードします。

2) 解凍してできたフォルダを、”アプリケーションフォルダ”に入れます。

3) ターミナルを開いて、.bash_profileを作成して、Android SDKが提供しているtoolのパスを通します。

export PATH=$PATH:/Applications/android-sdk-mac_86/tools

eclipseの設定

4) 一番上にあるヘルプをクリックして「新規ソフトウェアのインストール」を開いて、「使用可能なソフトウェア」の「サイトの追加」に

名前のところは自分がわかる名前を入れてください。自分の場合は”ADT Plugin”にしました。
ローケーションのところには、“https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/” を入れて、

追加ボタンをクリックします。

すると、画面に”開発ツール”という文字が表示されると思います。
その”開発ツール”をチェックして、インストールします。

インストールが完了したら、再起動してください。っていうダイヤログが出ますのでOKをクリック。

ここからが重要です。

5) このようなアイコンが左から5番目辺りにあると思います。

このアイコン。

このアイコンをクリックして、AndroidSDK and AVD Managerを開いて、左側に3つほどメニューがありますが、Available Packageをクリックすると、
Android RepositoryとThird party Add-onsが表示されているかと思います。

Android Repositoryについて
初めて環境を構築する人は、すべてチェックするかと思いますが、その中にはandroidアプリのサンプルが入っていますので、実際にサンプルを動かしてみたい方は入れてみてください。

Third party Add-onsについて
名前の通りなんですが、アドオンの機能を追加するかです。具体的にはGoogleAPIの機能を使うかどうかなんですが、特にまだ必要ないのであれば、このインストール作業は必要になった時に入れれば済む話なので今回は見送ります。

P.S.
全部インストールするとかなりの時間がかかってしまいます。それでもOK。試してみたい。という方はインストールしてみましょう。

インストール完了した後に、Eclipseの環境設定を行う必要があります。
左側にAndroidという項目があります。
ここに先ほど、アプリケーションフォルダに移動させたAndroid SDKのパスを設定する必要がありますので、ご注意を。

AVD(AndroidVirtualDevice)の作成

続いて、エミュレータの設定を行います。
1) AndroidSDK and AVD Managerを開いてVirtual Devicesを選択して、「新規」をクリックしてします。
2) 上から名前・ターゲット・CPU/ABIなどいろいろと設定項目がありますが、最初にターゲットをクリックしてください。

クリックするとインストールされたandroid osのバージョンがバッっと表示されているかと思います。
Android 1.5,1.6,2.1-update1などなど。

まず自分がandroidアプリのターゲットとしているosのバージョンを選択してください。

そのあとに、名前を入れればわかりやすいと思います。

自分の場合は、
ターゲット:android 1.6
にした場合
名前:A16
にしています。

ターゲット:android 2.3.3であれば、名前はA233になります。

名前は好きなように変更できますので、ご自由に設定してください。

以下の項目は特に設定しなくても問題ないです。

最後に「Create AVD」をクリックして完成です。

3) 作成されたAVDを選択して、開始ボタンをクリックすると、エミュレーターが起動します。

一番最初の起動はちょっと時間かかります。少々お待ちを。
2回目以降はスルッと起動します。

エミュレータ上でAndroidが起動しましたでしょうか?

今まで自分はWindows環境でデバッグしてたのですが、Macに移行したら、JAVAの起動が早い。しかも、エミュレータも早くて、ここまでOSで違うのかって体感することができました。
だまされたと思って、一度試してみてください。

本 当 に 速 い か ら 。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[ddms] Could not open Selected VM debug port (8700). error対処法 [@win]

Pocket

まぁ、やっちまっただ。
まいど、xxxYukihiroxxxです。

eclipseを起動させると、ddmsのエラーメッセージが表示される件。

“Could not open Selected VM debug port (8700). Make sure you do not have another instance of DDMS or of the eclipse plugin running. If it’s being used by something else, choose a new port number in the preferences.”

64bitだからか?とかVM入れてるからか?とかいろいろ探ってみましたが、初歩的なミスを起こしてました。

解決方法というかこのURLでハッ!としたので、張っておきます。
Eclipse Android Could not open Selected VM debug port (8700) – Stack Overflow

環境はwindows7です。

C:\Windows\System32\drivers\etc
の中にある、hostsファイルを見てください。

127.0.0.1 localhost
って追加されていますか?

初期値であったのかもしれないですけど、自分はなかった(消しちゃったか?!)ので、付け加えました。
それでeclipseを再起動させたら、ちゃんとddmsも動いてくれました。

VMでWinXPに同じ環境を作ったり、サブマシンに環境を作ったりするなど、環境構築が結構時間がかかってしまうんですが原因解明できたので、良しとします。w

このエラーに遭遇されてる方はmac環境が多いみたいですね。

mac環境の方はこちらのブログへどうぞ!
semicolon-yuk blog. — mac ddms error…
ジョルノで通勤するサラリーマンの日々ddmsが動かない

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[memo] やってみたかったnode.js のインストールまとめ [fedora]

Pocket

興味深いというか、これをつかった何かができるんじゃないか?って思いながらのインストール作業メモ。
node.jsってなんぞや?とか、いろいろ調べていたところ、図で分かりやすいページを発見したんで、ご紹介。

2010年11月10日現在の記事だけど、丁寧な説明。node.jsとWebSocketの利用シーン « Business RIA 研究所
http://bizria.jp/technical/nodejs-webssocket.html

で、本題。

Node.js
公式サイト:http://nodejs.org/
以下、wikiより引用。

Node.js はUnix系プラットフォーム上のV8 JavaScriptエンジンでイベント化された入出力を扱うフレームワークである。Webサーバなどのスケーラブルなネットワークプログラムの記述を意図している。
Node.jsはPythonのTwisted、PerlのPerl Object Environment、RubyのEventMachineと同様の目的を持つ。 ほとんどのJavaScriptとは異なり、Webブラウザの中で実行されるのではなく、サーバサイドJavaScriptに関連している。 Node.jsはいくつかのCommonJS仕様を実装している[1]。 Node.jsは対話的なテスト用にREPL(Read-eval-print loop)環境を含んでいる。

今回インストールするうえで非常に参考になったブログをご紹介!
ServersMan@VPS node.js のインストール
SE奮闘記 node.js, socket.ioをInstallしてWebSocketを試す(Install編)
感謝です。

では、コマンドライン張りつけ。

まずは、gitから簡単にインストールできるようにyum経由インストールを実行。
# yum install git

これを入れちゃえば、絵の通りになるから簡単にインストールできます。

node.jsのコンパイルに必要なパッケージもインストールする必要があります。

# yum install gcc-c++ openssl-devel

こう書くことで、依存性解決もyum自信がやってくれます。
実際のログはこちら。

# yum install gcc-c++ openssl-devel
読み込んだプラグイン:refresh-packagekit
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package gcc-c++.i686 0:4.6.0-9.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libstdc++-devel = 4.6.0-9.fc15 のパッケージ: gcc-c++-4.6.0-9.fc15.i686
—> Package openssl-devel.i686 0:1.0.0d-1.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: krb5-devel のパッケージ: openssl-devel-1.0.0d-1.fc15.i686
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package krb5-devel.i686 0:1.9-7.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libselinux-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: libcom_err-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: keyutils-libs-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
—> Package libstdc++-devel.i686 0:4.6.0-9.fc15 will be インストール
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package keyutils-libs-devel.i686 0:1.2-7.fc15 will be インストール
—> Package libcom_err-devel.i686 0:1.41.14-2.fc15 will be インストール
—> Package libselinux-devel.i686 0:2.0.99-4.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libsepol-devel >= 2.0.32-1 のパッケージ: libselinux-devel-2.0.99-4.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: pkgconfig(libsepol) のパッケージ: libselinux-devel-2.0.99-4.fc15.i686
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package libsepol-devel.i686 0:2.0.42-2.fc15 will be インストール
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

パッケージとしてインストールされたのは以下の通り。
gcc-c++
openssl-devel
依存性関連でのインストールをします。:
keyutils-libs-devel
krb5-devel
libcom_err-devel
libselinux-devel
libsepol-devel
libstdc++-devel

次はnvmのInstallです。
このnvmとは、Node Version Manager のことで、Node.js のインストール、バージョンごとの管理、シェルの環境設定をやってくれるんで、助かります。

# nvm install v0.4.8

ってコマンド入れたら、
-bash: nvm: コマンドが見つかりません
おぉ、、、いれなきゃ。
ということで、

# git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

gitで指定されたURLを貼るだけ。
https://github.com/creationix/nvm#readme

ログは以下の通り。

# git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
Cloning into /root/.nvm...
remote: Counting objects: 197, done.
remote: Compressing objects: 100% (100/100), done.
remote: Total 197 (delta 104), reused 176 (delta 89)
Receiving objects: 100% (197/197), 26.25 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (104/104), done.

で、2011年6月8日現在は最新v.0.4.8なので(これは調べてください。)
node.js

# nvm install v0.4.8
これでインストール完了です。

ログの内容。

Now using node v0.4.8
/usr/bin/which: no npm in (/root/.nvm/v0.4.8/bin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
Installing npm…
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 3874 100 3874 0 0 4668 0 –:–:– –:–:– –:–:– 10330
fetching: http://registry.npmjs.org/npm/-/npm-1.0.10.tgz
0.4.8
1.0.10
prefix=/root/.nvm/v0.4.8

This script will find and eliminate any shims, symbolic
links, and other cruft that was installed by npm 0.x.

All clean!
! [ -d .git ] || git submodule update –init
node cli.js cache clean
node cli.js rm npm -g -f –loglevel error
node cli.js install -g -f
/root/.nvm/v0.4.8/bin/npm -> /root/.nvm/v0.4.8/lib/node_modules/npm/bin/npm.js
npm@1.0.10 /root/.nvm/v0.4.8/lib/node_modules/npm
It worked

本当にインストールされているのかを確認。
# node -v
v0.4.8

無事にv.0.4.8がインストールされているみたいです。

インストールされたのであれば、サンプル動かしたいですよね?ってことで、調べました。
ry-node_chat – GitHub

デモのチャットアプリをダウンロード。

# git clone git://github.com/ry/node_chat.git
※自分がいるディレクトリ上にフォルダが作成されます。

で、
# cd node_chat
に移動して、

# node server.js
を実行すると…

Server at http://127.0.0.1:8001/

おぉ!立ち上がってくれました。
早速ブラウザでアクセスしてみると、出ました。

以下コマンドライン上のログです。

loading index.html...
static file index.html loaded
loading client.js...
loading jquery-1.2.6.min.js...
loading style.css...
static file client.js loaded
static file style.css loaded
static file jquery-1.2.6.min.js loaded
xxxYukihiroxxx join
pinkzircon join hello
year Hey! :)
あああ 近藤 幸裕
漢字もおっけー!
pinkzircon part
pinkzircon join
pinkzircon part
xxxYukihiroxxx part
^C

あ。カタカナやるの忘れた。。。

外部からのアクセス可能にしたい場合は、ポートをあける必要がありますが、ポートを開ける=扉を開けるということになりますのでセキュリティを把握したうえでやらないといけませんね。

node.jsの勉強をするのであれば、こちらを見てください。とてもわかりやすいので、ぜひ。
node.js ハンズオン資料 — node.js hands-on v1.0 documentation

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[word] 曖昧にしてた単語を書いてみる。

Pocket

ん?
と思った単語のブックマークがあったので、記事代わりに書いてみた。

アイデアソン(Ideathon
サービスやアプリケーションのアイデアを参加者同士で出し合い、ハッカソンに向けての事前準備を行うミーティング。

うんうん。

ハッカソン(Hackathon
参加者が集い、アイデアソンで出し合ったコンセプトを元に、短期間でサービスとしての一定水準に仕上げていくプログラミング会合の場。

ほぉ!

というわけで、
Hack For Japan

次回イベントは、5月21日、22日 アイデアソン・ハッカソンですよ!
詳しくはこちら

あと、Ustで聞いていてカッケー!ってなった単語があった。

デプロイ 【deploy】(デプロイメント)
別名 :deployment分野 :ビジネスソフト / ソフトウェア / システム開発 / プログラミング
▼ 関連用語
ネットワークアプリケーションやWebサービスなどを、利用可能なように準備すること。発行。
「インストール」に近い意味だが、インストールはコンピュータにソフトウェアを導入することを意味するのに対して、デプロイメントは、外部からネットワーク経由で利用されるソフトウェアや、他のソフトウェアから参照されるコンポーネントなどを、利用可能な状態にするという意味合いが強い。

『今からデプロイして、アクセスしてみるとこうなります。』

なかなかデプロイって使う機会がないけれど、使うように話を持っていこうかと思った先日の出来事。w

From xxxYukihiroxxx

Pocket

Home > Tags > Memo

Search
Feeds

Return to page top