ホーム > タグ > fedora

fedora

[memo] やってみたかったnode.js のインストールまとめ [fedora]

Pocket

興味深いというか、これをつかった何かができるんじゃないか?って思いながらのインストール作業メモ。
node.jsってなんぞや?とか、いろいろ調べていたところ、図で分かりやすいページを発見したんで、ご紹介。

2010年11月10日現在の記事だけど、丁寧な説明。node.jsとWebSocketの利用シーン « Business RIA 研究所
http://bizria.jp/technical/nodejs-webssocket.html

で、本題。

Node.js
公式サイト:http://nodejs.org/
以下、wikiより引用。

Node.js はUnix系プラットフォーム上のV8 JavaScriptエンジンでイベント化された入出力を扱うフレームワークである。Webサーバなどのスケーラブルなネットワークプログラムの記述を意図している。
Node.jsはPythonのTwisted、PerlのPerl Object Environment、RubyのEventMachineと同様の目的を持つ。 ほとんどのJavaScriptとは異なり、Webブラウザの中で実行されるのではなく、サーバサイドJavaScriptに関連している。 Node.jsはいくつかのCommonJS仕様を実装している[1]。 Node.jsは対話的なテスト用にREPL(Read-eval-print loop)環境を含んでいる。

今回インストールするうえで非常に参考になったブログをご紹介!
ServersMan@VPS node.js のインストール
SE奮闘記 node.js, socket.ioをInstallしてWebSocketを試す(Install編)
感謝です。

では、コマンドライン張りつけ。

まずは、gitから簡単にインストールできるようにyum経由インストールを実行。
# yum install git

これを入れちゃえば、絵の通りになるから簡単にインストールできます。

node.jsのコンパイルに必要なパッケージもインストールする必要があります。

# yum install gcc-c++ openssl-devel

こう書くことで、依存性解決もyum自信がやってくれます。
実際のログはこちら。

# yum install gcc-c++ openssl-devel
読み込んだプラグイン:refresh-packagekit
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package gcc-c++.i686 0:4.6.0-9.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libstdc++-devel = 4.6.0-9.fc15 のパッケージ: gcc-c++-4.6.0-9.fc15.i686
—> Package openssl-devel.i686 0:1.0.0d-1.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: krb5-devel のパッケージ: openssl-devel-1.0.0d-1.fc15.i686
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package krb5-devel.i686 0:1.9-7.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libselinux-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: libcom_err-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: keyutils-libs-devel のパッケージ: krb5-devel-1.9-7.fc15.i686
—> Package libstdc++-devel.i686 0:4.6.0-9.fc15 will be インストール
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package keyutils-libs-devel.i686 0:1.2-7.fc15 will be インストール
—> Package libcom_err-devel.i686 0:1.41.14-2.fc15 will be インストール
—> Package libselinux-devel.i686 0:2.0.99-4.fc15 will be インストール
–> 依存性の処理をしています: libsepol-devel >= 2.0.32-1 のパッケージ: libselinux-devel-2.0.99-4.fc15.i686
–> 依存性の処理をしています: pkgconfig(libsepol) のパッケージ: libselinux-devel-2.0.99-4.fc15.i686
–> トランザクションの確認を実行しています。
—> Package libsepol-devel.i686 0:2.0.42-2.fc15 will be インストール
–> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

パッケージとしてインストールされたのは以下の通り。
gcc-c++
openssl-devel
依存性関連でのインストールをします。:
keyutils-libs-devel
krb5-devel
libcom_err-devel
libselinux-devel
libsepol-devel
libstdc++-devel

次はnvmのInstallです。
このnvmとは、Node Version Manager のことで、Node.js のインストール、バージョンごとの管理、シェルの環境設定をやってくれるんで、助かります。

# nvm install v0.4.8

ってコマンド入れたら、
-bash: nvm: コマンドが見つかりません
おぉ、、、いれなきゃ。
ということで、

# git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

gitで指定されたURLを貼るだけ。
https://github.com/creationix/nvm#readme

ログは以下の通り。

# git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
Cloning into /root/.nvm...
remote: Counting objects: 197, done.
remote: Compressing objects: 100% (100/100), done.
remote: Total 197 (delta 104), reused 176 (delta 89)
Receiving objects: 100% (197/197), 26.25 KiB, done.
Resolving deltas: 100% (104/104), done.

で、2011年6月8日現在は最新v.0.4.8なので(これは調べてください。)
node.js

# nvm install v0.4.8
これでインストール完了です。

ログの内容。

Now using node v0.4.8
/usr/bin/which: no npm in (/root/.nvm/v0.4.8/bin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/root/bin)
Installing npm…
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
100 3874 100 3874 0 0 4668 0 –:–:– –:–:– –:–:– 10330
fetching: http://registry.npmjs.org/npm/-/npm-1.0.10.tgz
0.4.8
1.0.10
prefix=/root/.nvm/v0.4.8

This script will find and eliminate any shims, symbolic
links, and other cruft that was installed by npm 0.x.

All clean!
! [ -d .git ] || git submodule update –init
node cli.js cache clean
node cli.js rm npm -g -f –loglevel error
node cli.js install -g -f
/root/.nvm/v0.4.8/bin/npm -> /root/.nvm/v0.4.8/lib/node_modules/npm/bin/npm.js
npm@1.0.10 /root/.nvm/v0.4.8/lib/node_modules/npm
It worked

本当にインストールされているのかを確認。
# node -v
v0.4.8

無事にv.0.4.8がインストールされているみたいです。

インストールされたのであれば、サンプル動かしたいですよね?ってことで、調べました。
ry-node_chat – GitHub

デモのチャットアプリをダウンロード。

# git clone git://github.com/ry/node_chat.git
※自分がいるディレクトリ上にフォルダが作成されます。

で、
# cd node_chat
に移動して、

# node server.js
を実行すると…

Server at http://127.0.0.1:8001/

おぉ!立ち上がってくれました。
早速ブラウザでアクセスしてみると、出ました。

以下コマンドライン上のログです。

loading index.html...
static file index.html loaded
loading client.js...
loading jquery-1.2.6.min.js...
loading style.css...
static file client.js loaded
static file style.css loaded
static file jquery-1.2.6.min.js loaded
xxxYukihiroxxx join
pinkzircon join hello
year Hey! :)
あああ 近藤 幸裕
漢字もおっけー!
pinkzircon part
pinkzircon join
pinkzircon part
xxxYukihiroxxx part
^C

あ。カタカナやるの忘れた。。。

外部からのアクセス可能にしたい場合は、ポートをあける必要がありますが、ポートを開ける=扉を開けるということになりますのでセキュリティを把握したうえでやらないといけませんね。

node.jsの勉強をするのであれば、こちらを見てください。とてもわかりやすいので、ぜひ。
node.js ハンズオン資料 — node.js hands-on v1.0 documentation

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[fedora] Fedora14→Fedora15 ネットワークインストール・アップグレードめも

Pocket


Fedora Project

先月末にリリースされたfedora15をインストールしてみました。

過去のfedoraインストールめもに関しては検索結果を参照してください。

今回はかなり簡単になりましたね。
とてもわかりやすかったです。

http://fedoraproject.org/wiki/Upgrading_Fedora_using_yum#Fedora_14_-.3E_Fedora_15

Fedora 14 -> Fedora 15

First install the new fedora 15 gpg key. You may wish to verify this package against https://fedoraproject.org/keys and the fedora ssl certificate.

rpm --import https://fedoraproject.org/static/069C8460.txt

Upgrade all packages with

yum update yum
yum clean all
yum --releasever=15 --disableplugin=presto distro-sync

* Do not run this from within an X terminal. Testing shows that X might hang while updating bitmap font packages.
* There exist .drpms, but they don’t match, due to a format change, so better disable the presto plugin.

これだけ。

自分の場合、fedora7からほとんどアップグレードで切り替えているので、結構使ってないファイルとかがあって、yumで見ると過去のfedora12とか13の時のライブラリが見つかりました。
もうそろそろ、まっさらにした状態でインストールして、安定運用させた方が無難かと思いましたね。

システム依存チェックもさらっといけるかと思いきや、NG。
GNOMEで不具合があって、removeした後、なんとか2時間ぐらいでアップグレード完了しました。

fedora14まで長く使わせていただいていた、phpMyVisitesなんですが、PHP Warningがいきなり出てるので、おかしい。とerror_logを見ていたら
PHP Warning: mysql_insert_id(): Can’t connect to local MySQL server through socket
とのこと。

MySQLでうまくつながってないみたい。
ということで、調べたところ、ありました。

MySQL 5.5で「default-character-set」が使えず文字化けする→「character-set-server」にするとOK | KennyQi PHP Blog
感謝です。

「default-character-set」というオプションが廃止されて、「character-set-server」になった模様。

# vi /etc/my.cnf

# default-character-set=utf8 ←ここはコメントアウト
character-set-server=utf8 # ここを追加

ついでに、アクセスログも最近のにしてみようかな?とAKARIを候補にしました。

AKARI
http://akari.sourceforge.jp/

AKARIプロジェクトページ
http://sourceforge.jp/projects/akari/

が、Piwikにしてみました。w

結構使いやすいです。

実は古いマシンがあれば、Ubuntuもやっていたいと思ってる今日この頃。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[fedora] Fedora13→Fedora14 ネットワークインストール・アップグレードめも [yum]

Pocket

自分はGUI使ってません。
なので、startxでかましたいところですが、グラフィックカードが対応していないという。。。

xxxYukihiroxxxです。

【レビュー】Fedora 13から14へアップグレードする方法 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

ここを見れば一発かと思います。

自分は、今まで通りコマンドラインでざくっとアップグレードして、2時間ちょいでした。

[fedora] Fedora12→Fedora13 ネットワークインストール・アップグレードめも [yum]
[fedora] Fedora11→Fedora12 ネットワークインストールめも [yum]
[fedora] Fedora10→Fedora11 インストールめも
[fedora] Fedora9→Fedora10 インストールめも
[fedora8] アップデート記録
【Fedora7】 アップデート記録

上記は過去の記事を見ていただければわかるかと思いますが、今回もメモ書いておきます。
インターネット経由でアップグレードを行いました。
シングルモードで立ち上げ

GRUBがインストールされているマシンで、シングルモードにてシステムを立ち上げる場合、GUIが表示された時点で矢印カーソルで起動するカーネルを選択しeボタンを押します。画面が切り替わるので、kernelから始まる行(通常二行目)をハイライトし、再度e ボタンを押します。行の最終部分に1を入力し、Enterを押します。最後にb (boot) ボタンを押せばシングルモードにてシステムが立ち上がります。

#shutdown -r now
#service network start
#rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/14/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-14-1.noarch.rpm
#rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/14/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-14.0.3-1.fc14.noarch.rpm
#yum clean all
#yum -y upgrade

今回は面倒だった。
fc12のパッケージが残っていたことが判明して、あちゃー。状態。
とりあえず、removeして、DL前の依存チェックをPass。

#yum remove パッケージ名

あと、今回から補足。

OpenSSL+Postfix+Dovecotで不具合が発生。
送信できて受信できないという状態になってしまい原因究明に時間かかる。

しかも、間違えてrootさんのスクリプト(***.sh)を消してしまうという最悪な状態に。
ちょっと前にバックアップを取っておいたので、なんとかなったけど、しゃれんならん。

まぁ、自宅サーバー(開発環境というより、データ倉庫)なので必要な情報はバックアップしてるけど
もうそろそろクリアな状態からFedoraをインストールしてセットアップした方がいいと感じた数時間でした。

ついでにサーバーの掃除も合わせてやったんで、半日はかかりましたね。

あと、dice for linux がtoo busy.って言われてダウンロード出来なかった。
これは残念だった。
これも念のためにバックアップあったんで、助かった。
無料DNS(mydns.jpとdyndns.org)使用してるんで、diceがないと運営できないんです。。。orz

んー、セキュリティがっちがちにしたんで、満足だけど、なんかすっきりしない。。。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[fedora] Fedora 14 Final Release [2010-11-02]

Pocket

リリースされたら、サーバー停止してインストールするでござる。
ついでに、サーバー(スリムデスクトップ)のお掃除もするつもり。

前回がアップグレードだけで、2時間ちょいかかってるから、半日かかるかもね。

From xxxYukihiroxxx

Pocket

[fedora] Fedora12→Fedora13 ネットワークインストール・アップグレードめも [yum]

Pocket

[fedora] Fedora11→Fedora12 ネットワークインストールめも [yum]
[fedora] Fedora10→Fedora11 インストールめも
[fedora] Fedora9→Fedora10 インストールめも
[fedora8] アップデート記録
【Fedora7】 アップデート記録

上記は過去の記事を見ていただければわかるかと思いますが、今回もメモ書いておきます。
インターネット経由でアップグレードを行いました。
シングルモードで立ち上げ

GRUBがインストールされているマシンで、シングルモードにてシステムを立ち上げる場合、GUIが表示された時点で矢印カーソルで起動するカーネルを選択しeボタンを押します。画面が切り替わるので、kernelから始まる行(通常二行目)をハイライトし、再度eボタンを押します。行の最終部分に1を入力し、Enterを押します。最後にb (boot) ボタンを押せばシングルモードにてシステムが立ち上がります。

#shutdown -r now
#service network start
#rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/13/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-13-1.noarch.rpm
#rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/releases/13/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-notes-13-3.fc13.noarch.rpm
#yum clean all
#yum -y upgrade

あと、yumでrpmをダウンロード開始できましたが、DL前の依存チェックでfedora12からfedora13にアップグレードを行ったとき、DL前の依存問題が2つ出ていました。

#yum remove パッケージ名

rpmをダウンロードしてから、再起動(reboot)までにかかった時間は2時間11分でした。

あと、今回から補足。

システムをアップグレードした後にすること!

システム内容が変われば、システム内容を記録しているDBも変わりますので、再度
#vi /etc/tripwire/twpol.txt
を修正して

#twadmin –create-polfile -S /etc/tripwire/site.key /etc/tripwire/twpol.txt
#tripwire -init
で再構築する必要があります。
#tripwire -check
確認して
#/etc/cron.daily/tripwire-check
cronでもできるか確認しておしまい。

DB(メインはMySQL)周りも問題なくいけました。
mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.46, for redhat-linux-gnu (i386) using readline 5.1

今のところ、大丈夫そうです。

お疲れさまでした。たまにはサーバーも掃除もしてやってくださいね。w

From xxxYukihiroxxx

Pocket

Home > Tags > fedora

Search
Feeds

Return to page top